大阪屋栗田がお送りする書店販促お役立ち情報サイト

TOP > メディア > 6月末「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」OPEN!【東京都 池袋】

6月末「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」OPEN!【東京都 池袋】

6月末「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」OPEN!【東京都 池袋】
「Coffee Meets Books」をコンセプトとした「本と珈琲 梟書茶房」が、東京メトロ池袋駅直結の駅ビル・エソラ(Esola)4階にオープンします!

株式会社ドトールコーヒーと、神楽坂・かもめブックスを作ったの柳下恭平氏が、珈琲と本の新しいブランドを作りました。
店内の約3,000冊の本は、かもめブックス代表の柳下氏が「あらたな本との出合い」をテーマに選書。132席の店内は「珈琲と食事を楽しむ、読書と珈琲を楽しむ、物思いに耽る、お喋りする」をテーマに、その日の気分で使い分けられるように、4つの空間に分けてデザインしています。


注目ポイントは3つ!


①シークレットブック
店頭の約3,000冊の書籍のうち、販売する約2,000冊の書籍はすべて袋綴じの『シークレットブック』。梟書茶房オリジナルブックカバーで包まれた書籍は、表紙の紹介文と自分のインスピレーションで新たな読書体験を生み出します。

②こだわりの珈琲
珈琲は、日本スペシャルティコーヒー協会理事を務めるドトールコーヒーの菅野眞博氏が開発した「梟ブレンド」をサイフォンで抽出。本と珈琲がある空間だからこそ愉しめる「間」をご提供いたします。

③本と珈琲のセットメニュー
本と珈琲のセットメニューを毎月数量限定で販売いたします。
柳下氏が選定した本と、菅野氏がその本のイメージに合わせて作る「小説のためのブレンドコーヒー」をセットにしたもので、本が好きな方に一押しの限定メニューです。


本と珈琲の新しい出会いをお楽しみに!


【店舗情報】
6月末OPEN
本と珈琲 梟書茶房 (フクロウショサボウ)

所在地 〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-12-1
Esola池袋 4階
営業時間  10:30~22:00(21:30ラストオーダー)
席数 店内116席テラス16席※テラスのみ喫煙可
最寄駅 東京メトロ「池袋」駅(丸ノ内線/有楽町線/副都心線)
ショップHP http://www.esola-ikebukuro.com/

OaKダウンロード新刊・コミック・文庫・雑誌などの
最新リストをダウンロード!

詳しくはこちら